セラミック治療

安全面にも優れたセラミック治療

安全面にも優れたセラミック治療

最初からセラミック治療を希望されて来院される患者様のほとんどは、「セラミックは審美的に優れているから」という理由で希望されています。

確かに、銀歯や金歯を比べると圧倒的に綺麗ですし、周りの歯に合わせて色合いを調節することもできるため、歯の治療をしたようには見えません。

しかし、セラミック治療が優れているのは、審美面だけではありません。

金属を使わないので、金属アレルギーが起こらないという点です。実は、金属アレルギーを後から発症するケースが多くあります。突然炎症を起こしたり皮膚が荒れたりして、散々病院を回った結果、実は10年前に入れた銀歯が原因だった、ということは、決して珍しくありません。

特に、日本の保険診療で使用される銀歯には、金属アレルギーの主な原因と言われている、パラジウムという有害な金属が使用されています。ドイツなどの歯科医療先進国では、わざわざ金属歯の製品案内に「パラジウムが含まれておりません」と明記するほど徹底されています。しかし、パラジウムが含有されていない金属歯は非常に高額で、安価で受けられる保険診療での使用は認められていないのです。

しかし、セラミック治療にもデメリットがあります。金属歯と比べるとやや脆いため、過剰な力が入ると欠けてしまうことがあります。硬いものを食べる分には問題ない程度の強度はありますが、就寝時に歯ぎしりをされる方や、咬み合わせが悪く一部の歯に過度な負担がかかってしまっている方には不向きです。

当院では、まずはしっかりと咬み合わせをチェックし、必要であればまず咬み合わせの治療から入ります。そうすることで、より安全にセラミック治療を行うことができるのです。

セレックシステム

セレックシステム

セレックシステムは、歯科医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するシステムです。コンピュータを使いますので、歯型を取る手間が省けます。

最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータが修復物を設計し、撮影したデータをもとに作製します。

歯科医院内で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的です。また、高品質なセラミックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーで、その日の内に治療が終わります。

よくある質問

どのような症状の時にセラミック治療を行うのですか?
むし歯治療において、つめ物や被せ物をしなくてはいけない場合、噛み合わせや噛み合う反対側の歯への影響を考えた場合、セラミックはとても有効です。
保険診療は可能ですか?
ほとんどの場合は自費診療となります。但し、部位によっては保険が適用される場合もございます。
セレックを使うと、通院は1日ですみますか?
最短で、1日のうちに治療を終えることができます。治療周期が短いために、歯の削った部分の汚染を防ぐなどの医学的なメリットもあります。普段は忙しく、なかなか歯科医院に通っている時間がないという患者様にとっては、オールセラミックのOne Day Treatment(即日修復)は特にメリットと感じて頂けると思います。しかし、口腔内の状態によってはその限りではありません。