虫歯治療

虫歯の原因

歯のエナメル質を形成する硬いハイドロキシアパタイト[Ca10(Po4)6(OH)2]は、通常、歯をとりまく唾液や歯垢などの環境がほぼ中性の状態で平衡状態を保っています。

ところが、飲食などで糖分をとると虫歯菌はその糖分から「酸(H+)」をつくるため、歯をとりまく唾液や歯垢の状態が酸性状態となり、pH5.5以下の酸性となると、歯は平衡状態を保つためにカルシウムやリン酸などの歯の成分が溶け出し、結果的にエナメル質が溶けてしまいます。すなわちそれが、虫歯の原因となります。

食べ物について

虫歯菌が糖分を分解して作る「酸」で、お口の中がpH5.5以下の酸性となり脱灰した結果が、虫歯になります。

実は、虫歯菌は人間が豊富な糖分を食べたとき、その糖分の一部を体の中に蓄え、人間がその後、甘いものを我慢して制限しても、体内に蓄えた糖分を利用して持続的に酸を出し続けることができる頭脳明晰な菌なのです。
裏を返せば、虫歯菌がいなければ甘いものをいくら食べても虫歯になることはありません。

逆に、虫歯菌がなくても、「酸」が口の中に溜まってくると、虫歯になってしまいます。つまり、酸性の食品や飲料などが原因となります。実は体に良いと言われている果物やスポーツ飲料は酸性です。

つまり、それらを頻繁に摂取していると、歯のエナメル質が確実に溶ける酸蝕症になってしまうのです。お口の中にとって、pHは非常に重要な要素なのです。